« 旧海軍恩給年加算調書 | トップページ | 現役海軍士官名簿昭和19年調 »

森又七郎少将

森又七郎少将は晴れの海兵1期生2人の一人です(もう一人は平山藤次郎大佐)。この方は目立ちませんが、水雷術練習所長(のちの水雷學校長)や横鎮の海兵團長など結構重要なポストも歴任しています。ただ日清戦争では前線にはでていませんし、日露戦争当時はすでに退官されていますので表舞台には全くでていません。広瀬武夫少佐の遠洋航海の記録である航南私記にも登場する艦長でもあります。

これだけ結構大事なところにいたにも関わらず、表にはでていないためか、全く顔写真をみかけたことがありません。将官の顔写真を集めている人や、海兵関係の写真を集めている人の本を読んでも、とんと見つけたという話をききません。大正時代まで生きた人ですから、きっとあると思うんですけどね。誰かお持ちでないですか?

#最近になって、すごい鮮明とはいえませんが、顔写真1枚だけは見つけました。ある本に集合写真があって、それに写っていることがわかったためですが、小さいものだったので、わざわざ原本を見にいったりしてなんとか手に入れました。一般の人から考えれば、こういうことするのは物好きとしか思われなさそうですね。


« 旧海軍恩給年加算調書 | トップページ | 現役海軍士官名簿昭和19年調 »

海軍士官」カテゴリの記事

コメント

拝啓

コメントということではなく、もしご存じならご教示願いたいと存じます。
海兵52期で第3代海幕長をされた庵原貢氏の墓所を探しております。
海幕や水交会にも問い合せましたがわかりませんでした。
以前お世話になり、ぜひ墓参をしたいと思っております。小生は海自に降りましたが、依願退職して国連職員に転職し、国連の定年退職後は帰国してある大学に奉職しましたが、それも再度定年退職し手織り、現在無職です。まだ元気なうちに庵原さんの墓参をしたいと想っております。

羽生勇作
<yusakuhanyu@live.jp>
横須賀市在住

投稿: 羽生勇作 | 2014年6月13日 (金) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/40087991

この記事へのトラックバック一覧です: 森又七郎少将:

« 旧海軍恩給年加算調書 | トップページ | 現役海軍士官名簿昭和19年調 »