« 元海軍士官名簿 | トップページ | 空母雷撃隊 »

宮城県の海軍士官

宮城県の将官は全部で33人います。士官全体でも判明分だけで1300名以上になります。大将は2人で、井上成美大将と山梨勝之進大将です。両名とも海軍良識派の重鎮です。ただ、大将になってからの活躍の機会に恵まれなかった点も共通しています。経歴でも軍政畑が多く、艦隊勤務が多くありませんでした。

中将では一番は保科善四郎中将でしょう。やはり大戦中の途中より和平工作の道を探っており、終戦工作を行っていたが、こちらの作戦はうまくいかなかったようです。最後までズーズー弁が抜けなかったとのこともいわれています。他には四竈孝輔中将、茂泉慎一中将、高橋亀四郎少将、御宿好中将あたりが有名でしょうか。

相当官では紺野逸彌軍医少将あたりが有名でしょうか。佐官以下では、3航艦参謀長の高橋千隼大佐、緒戦大活躍した台南空司令であった齋藤正久大佐、雪風艦長の一人の菅間良吉大佐あたりが有名です。

特務士官では特選された方は40名になり、最高位は高橋東吾中佐で、902空で戦死されています。太田褜吉少佐は特選少佐としては古株です。撃墜王も多く、16機撃墜の大原亮治飛曹長あたりは有名でしょう。

予備士官では最高位は中佐で複数います。特攻戦死者は50名になります。


« 元海軍士官名簿 | トップページ | 空母雷撃隊 »

海軍士官」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/40695114

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県の海軍士官:

« 元海軍士官名簿 | トップページ | 空母雷撃隊 »