« 鎮魂と苦心の記録 | トップページ | 神奈川の海軍士官 »

埼玉の海軍士官

埼玉県の海軍士官はわかっているのは750名超です。将官は、19人。有名所だと、トラック島で戦死した長谷川喜一中将位でしょうか?中将は兵科では小暮軍治中将、相当官では、田中朝三軍医中将、清水宇助主計中将、山本開蔵技術中将がいます。佐官以下まで含めますと、雪風艦長をつとめた古要桂次中佐(著書もあります)とかでしょうか?

特選任用の少佐は、13人しかかわっていません。中佐はいないようです。大和で戦死した村野金三少佐などがいます。

海軍学校の首席は4人で、兵70期の平柳育郎大尉(文月で戦死)、機35期福田計雄少佐、主計3期清水宇助主計中将、経34期中村和夫主計中尉がいます。ついでに操縦練習生15期では新井友吉大尉が首席をとっています。

撃墜凹としては、数人おり、田中二郎飛曹長(10機)、黒沢清一一飛曹(10機)、柴田積善飛曹長(10機)などがいます。


« 鎮魂と苦心の記録 | トップページ | 神奈川の海軍士官 »

海軍士官」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/42330995

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉の海軍士官:

« 鎮魂と苦心の記録 | トップページ | 神奈川の海軍士官 »