« 想い出 | トップページ | 東京の海軍士官 »

海兵六十四期生

Photo_6 「海兵六十四期生」

海兵64期

1981年

非売品

------------------------------

海兵64期の回想録と、略歴からなっています。採用試験問題もでていますが、採用される年齢からして当たりませえでしょうが、今の僕の年齢からみると、決して難しくはありません。一度見てみるといいかもしれません。ただし、当の年齢には難しいはずで、当時、海軍兵学校へ入るのは至難の業で、現在だと東大に入るような力が必要なはずです。

海兵64期は昭和12年に卒業しており160人になります。ちゅうど中核としてがんばった世代の一つで、戦死者はかなり多いです。戦病死・自決者も含め83名にのぼり、半数以上です。最高階級は終戦直前に戦死した方々で、中佐となります。首席は川島立男少佐で、昭和19年に呂36で戦死しています。有名な方としてはミッドウェーなどで名前をみかける白根斐夫中佐、芙蓉部隊で、部隊として特攻を拒否した美濃部正少佐、本もだされている阿部善次少佐、飛行艇乗りの日辻常雄少佐などでしょうか?

Googleブック検索はスニペット表示でした。

http://books.google.co.jp/books?id=AeFAAAAAIAAJ&q=%22%E6%B5%B7%E5%85%B5%E5%85%AD%E5%8D%81%E5%9B%9B%E6%9C%9F%E7%94%9F%22&dq=%22%E6%B5%B7%E5%85%B5%E5%85%AD%E5%8D%81%E5%9B%9B%E6%9C%9F%E7%94%9F%22&lr=&as_brr=0&ei=SFcAStGtNoSukATyqZ28BA&pgis=1


« 想い出 | トップページ | 東京の海軍士官 »

海軍学校関係回想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/42258974

この記事へのトラックバック一覧です: 海兵六十四期生:

« 想い出 | トップページ | 東京の海軍士官 »