« 海軍機関學校第四十八期生卒業記念 | トップページ | 海軍兵学校70期 »

山梨の海軍士官

山梨県の海軍士官はやはり多くはありません。わかっているのは500名弱です。将官はうち31人です。一番有名なのは塚原二四三海軍大将でしょう。航空畑の司令官を主として歴任され、昭和20人に海軍として最後に親補されました(先任順では井上成美大将が最後になります)。もともとは航海畑でした。日華事変で、漢口を奇襲された際に負傷し、左手を失う重傷をおっています。他の将官としては監視艇隊の司令官をした堀内茂禮中将、舞鶴工廠長をした小澤仙吉中将、辻正保少将、堀内茂忠少将、平井昌平少将が兵科としてはいます。相当官としては7人で、中将としては向山美弘軍医中将がいます。佐官以下でもあまり目立つ名前はありあません。


« 海軍機関學校第四十八期生卒業記念 | トップページ | 海軍兵学校70期 »

海軍士官」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/42912026

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨の海軍士官:

« 海軍機関學校第四十八期生卒業記念 | トップページ | 海軍兵学校70期 »