« 滋賀の海軍士官 | トップページ | 奈良の海軍士官 »

京都の海軍士官

 京都は海軍の4大根拠地の舞鶴をかかえる地域です。当然海軍関係者も多いかと予想しますが、わかっているのは900名強しかいません。もちろんわかってない人が多いはずですが、他の地域も同条件なので、やはり以外と多くないのでしょう。

 将官は33名ですが、大将はいません。海軍初期に艦艇の艦長や、海軍兵学校長を勤めた伊藤雋吉中将が一番知られているでしょうか。伊藤家は舞鶴(田辺)藩士の家系です。中将としては他には下村延太郎中将、谷口美貞中将、井上保雄中将(大湊警備府長官など)、細谷信三郎中将(横須賀工廠長)がいます。少将は牛田・高木・大石・亥角、佐藤、星野、井土、太田、足立、岡野、足立、四方少将と人数はいますが、それほどみかけないと思います。うち太田信之輔少将が第一潜水隊司令として戦死しているのみでしょうか。ただ、京都では相当官が目立ちます。軍醫官の将官が6人、主計官が2人、技術官が8人もいます。

 佐官以下で目立つのは中部太平洋艦隊で戦死した莊林規矩郎大佐、航空畑の野村了介中佐、橫浜空飛行隊長の小泉實三郎中佐、三四三空副長などをつとめ、戦後海上幕僚長を務めた相生高秀中佐、インディアナポリス撃沈で知られる橋本以行中佐、やはり航空畑の多田篤次中佐、戦後のキリスト教関連で知られる後宮大尉、石垣島戦犯事件の井上大尉あたりでしょうか?

 特選任用で判明しているのは12名だけで、全員少佐です。うち3人が兵學校選修、2人が機関学校選修です。海軍3校の首席は3人です。機関学校38期高橋實中佐、55期、木村英夫少尉、軍医学校(前)2期の古河軍医中将です。特攻は47名のようです。


« 滋賀の海軍士官 | トップページ | 奈良の海軍士官 »

海軍士官」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/48676845

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の海軍士官:

« 滋賀の海軍士官 | トップページ | 奈良の海軍士官 »