« 山口の海軍士官 | トップページ | 徳島の海軍士官 »

香川の海軍士官

 香川は粟島商船學校があります。高等商船ではないため、卒業即士官ではありませんが、累進して予備士官になった方がめだちます。理由はわかりませんが、士官で初期から活躍した人はいないようで、最初の海軍士官は海兵21期の渡邊真吾大佐です。最終的に850名ほど判明しています。将官は15名までです。八根司令官入船直三郎中将、六根で戦死した秋山門造中将、中部太平洋方面艦隊参謀長矢野英雄中将、機関科の在塚喜友中将が最高位です。

 佐官以下では、山本長官と一緒に戦死した樋端久利雄大佐、クエゼリンで戦死した952空司令堀家義一大佐くらいでしょうか?他にはあまりみないと思います。特選任用は18名もいます。中佐には平池竹三郎機関中佐に平池竹三郎中佐、猪熊清三郎がなっているのみで、他は少佐レベルです。

首席は二人で、兵51期の樋端大佐、と期44期の孝壽悟少佐です。


« 山口の海軍士官 | トップページ | 徳島の海軍士官 »

海軍士官」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/48977293

この記事へのトラックバック一覧です: 香川の海軍士官:

« 山口の海軍士官 | トップページ | 徳島の海軍士官 »