« 別冊歴史読本 戦記シリーズ24 海軍の名参謀 井上成美 | トップページ | 日本人最初の先端技術者 辰巳一造船大監 -数学と近代造船学- »

別冊歴史読本 戦記シリーズ26 日本海軍総覧

Photo_2

「別冊歴史読本 戦記シリーズ26 日本海軍総覧」

1800円

1994年

-------------------------------------

こちらも歴史読本の別冊です。内容としては記事はわずかで、ほとんどの頁を軍艦の紹介、指揮官の紹介といった資料集といった印象のもんです。資料といっても、小艦艇になると各艦型の紹介みたいな内容で、全艦艇名を載せているわけではないので、資料として使えるわけではなく、どんな感じだったかというイメージをつかむものといった感じでしょう。一般用の書籍ですので、このあたりはしょうがないかと思います。


« 別冊歴史読本 戦記シリーズ24 海軍の名参謀 井上成美 | トップページ | 日本人最初の先端技術者 辰巳一造船大監 -数学と近代造船学- »

海軍関係戦後出版物」カテゴリの記事

コメント

初めまして、「くだまき」へのコメント。ありがとうございました。
祖父は二次士官。大和では個室が与えられておりました。
レイテ後、2Fが大和移乗。祖父もその時に大和乗艦となっております。
「くだまき」では、大和と祖父を語っておりましたが、海軍の知識などには非常に疎くて、皆様のお力をお借りしながら進めているところです。
大高さんは祖父の戦友です。
私は実家、(宮城塩竈市)に大高さんがいらした際、一緒にお風呂に入りました。
祖父は「大高は戦死した」と言っておったそうです。これが前線へ向かう動機になったのかもしれません。
本文と違うコメント、ご容赦下さい。
また、参ります。
何か当ブログでお気づきの点がございましたら、お知らせ下さい。
宜しくお願い申し上げます。

投稿: 酔漢です | 2010年11月26日 (金) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/50029731

この記事へのトラックバック一覧です: 別冊歴史読本 戦記シリーズ26 日本海軍総覧:

« 別冊歴史読本 戦記シリーズ24 海軍の名参謀 井上成美 | トップページ | 日本人最初の先端技術者 辰巳一造船大監 -数学と近代造船学- »