« アジア歴史資料センター | トップページ | 顔写真入力数 »

予科練の名簿

結構予科練の名簿をキーワードに来るかたがいらっしゃるので書いておくと、氏名とかを知りたいだけであれば、予科練外史 に入隊時の名簿があります。ただし載っているのは甲飛1-12期、乙飛1-19期、特乙1期で、それ以後の期はありません。名簿には出身県も書かれています。現住所その他はもちろんありません。これは期別の会や、各県甲飛会・雄飛会などにあたってもらう必要があります。(全国甲飛会などは解散していまったようです)。HPみてもらえばわかりますが研究者でもなければ、全部を買うと高いので、図書館などでちょっとコピーでも取らせてもらえばよろしいかと思います。僕の方ではその名簿は電子化してありますので、親戚とかが何期か知りたいとか、そういう事ならばメールとかでお願いします。さすがにある期のもの一通りとか、全部下さいとかはちょっと無理ですが・・・・(存命の方のものは一応個人情報に該当するはずなので・・)

また大量採用の甲飛13期などの名簿は前書にはのっておらず、当時のそういう名簿も未発見です。13期は大量採用でしたから、あれば今頃市場でみかけ、と思うのですが、全くありませんし、13期の人数も推計の人数が記載されていることが多いことから、全部を網羅した名簿はないのではと考えています。甲飛13期会も関西甲飛13期会など各地域別に組織されているようで、そこからも難しいそうです。ただし戦没者についてはまとめられたものがありました。
また戦没者については雄飛会(乙飛)は雄飛会戦没者名簿というのがあり、特乙までの戦没者をまとめた名簿があります(所々間違いはあります)、丙飛については丙飛会がつくった戦没者名簿があります(生存者名簿もありますが、どちらも間違いが結構あるようで、2つ併せても人数がたりず、わかっていない出身者が結構いるようです)。問題は甲飛ですが、各期別の行動のようで、1,2期などの初期の期は同期会誌があり、7期会などは市販本があります。12期は永末さんのHPに、13期は関西甲飛13期会のHPにありました。それ以外の期は今のところ甲飛会だよりに一部の記載がありましたが、全体をまとめた名簿がいまのところ見つかっていません・・・あったら教えてください。


« アジア歴史資料センター | トップページ | 顔写真入力数 »

搭乗員関係」カテゴリの記事

海軍関係名簿」カテゴリの記事

コメント

13期の後期 昭和18年12月
三重海軍航空隊奈良分遣隊入隊
7兵舎37分隊でした。 
昭和19年9月飛練41期生として
大村海軍航空隊済州島分遣隊へ転属命令
門司港より船の途中、済州島が落ちたので
方向を釜山に向け転進。釜山より広軌鉄道に
乗車。木浦で下車。
らくとうこうを渡り4キロ位
行軍し兵舎に辿り着く。
それからが大変、軍人精神注入棒で毎晩
殴られ、空襲の度に飛行場まで4キロ駈けて
飛行機ゼロ戦を分散させました。思い出です。

投稿: 俵 正敏 | 2015年3月 8日 (日) 10時55分

台湾で神と祀られている杉浦茂峰氏の予科練入隊期を知りたいのですが。よろしくお願いいたします。

投稿: 藤田和久 | 2016年10月26日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/53257728

この記事へのトラックバック一覧です: 予科練の名簿:

« アジア歴史資料センター | トップページ | 顔写真入力数 »