« 第九期短期技術科士官講習員名簿 | トップページ

遙かなり 帝国海軍の提督達

PhotoPhoto_2

「遙かなり 帝国海軍の提督達 提督以外の一〇四人も並ぶ」
私家版(夏川英二)
2013年
頒布価格 42000円
----------------------------------------------
2011年に紹介した、日本海軍の提督達(大将・中将編の正式版です。作者は前にも紹介したように、自分のデータベース作成でも顔写真の部分ではほんとにお世話になっている方です。ちなみに前回のは途中段階で出されたパイロット版とのことです。
この写真集は提督の写真を網羅したもので、2136人中2096人を集めた力作です。これ以上のものは現時点ではでてくることはないでしょう。巻末の部分には104人分の海軍を調べる際によく見かけたり、重要だったりするような佐官以下の肖像も含まれています。
最近は
自分のところにも先祖がどういう方だったかとか、顔をしていたか写真がないかという問い合わせがたまに来ます。戦争その他でアルバムが焼けたりしていることもあったりということもあります。子孫の方でさえそういう状態の方が少なくないのに、他人がこれだけ集めるのは大変だったと思います。
基本的に内容と価格からみて、研究家の方など、いろんな人物の写真が必要な方向けかと思います。
<追記>ちなみに私家版なので、市販はされていませんが、軍学堂を通じて今のところ一応手に入れることは可能なようです。


« 第九期短期技術科士官講習員名簿 | トップページ

海軍関係写真帖」カテゴリの記事

コメント

突然すいません
こちらに海軍兵学校38期のアルバムの記事があり、
コメントさせていただきました。
海軍兵学校38期の村瀬頼治大佐について調べているのですが、
ぜひ、顔写真を拝見したく思い、
よろしければ、アルバムを見させていただけたらなと思っております。
よろしくお願いします。

投稿: | 2013年11月 5日 (火) 02時18分

村瀬大佐の資料、ありがとうございました
情報量の多さに感動しております

厚かましいですが、この情報量の多さをふまえてお願いがあります
私は九州在住の高校生なのですが進路も決まり、時間があるので海軍兵学校のハンモックナンバーと役職の関係性について調べてまとめたいと思っております
しかし、有名な軍人は経歴が調べやすいのですが、それ以外の軍人では特筆すべき方以外はなかなか調べがつきません
戦史研究室の資料を閲覧しようとしても、そういった資料は東京に行かなければ閲覧出来ませんとのことでした
そこで、管理人様の作られた資料を見て、ぜひ参考にさせていただきたいと思いました
厚かましいと思われるかもしれませんが、海兵30期から65期までの閲覧をお願いします

また、先のお礼と言っては微々たるものですが、
兵35期の谷本馬太郎、兵36期の山本弘毅、兵37期の岩村清一、兵41期の大杉守一、兵47期の人見錚一郎、兵55期の北村惣七、海機26期の上野権太の写真がありますので
入り用でしたらお声をおかけください

投稿: | 2014年2月 3日 (月) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507812/57327339

この記事へのトラックバック一覧です: 遙かなり 帝国海軍の提督達:

« 第九期短期技術科士官講習員名簿 | トップページ