海軍関係写真帖

遙かなり 帝国海軍の提督達

PhotoPhoto_2

「遙かなり 帝国海軍の提督達 提督以外の一〇四人も並ぶ」
私家版(夏川英二)
2013年
頒布価格 42000円
----------------------------------------------
2011年に紹介した、日本海軍の提督達(大将・中将編の正式版です。作者は前にも紹介したように、自分のデータベース作成でも顔写真の部分ではほんとにお世話になっている方です。ちなみに前回のは途中段階で出されたパイロット版とのことです。
この写真集は提督の写真を網羅したもので、2136人中2096人を集めた力作です。これ以上のものは現時点ではでてくることはないでしょう。巻末の部分には104人分の海軍を調べる際によく見かけたり、重要だったりするような佐官以下の肖像も含まれています。
最近は
自分のところにも先祖がどういう方だったかとか、顔をしていたか写真がないかという問い合わせがたまに来ます。戦争その他でアルバムが焼けたりしていることもあったりということもあります。子孫の方でさえそういう状態の方が少なくないのに、他人がこれだけ集めるのは大変だったと思います。
基本的に内容と価格からみて、研究家の方など、いろんな人物の写真が必要な方向けかと思います。
<追記>ちなみに私家版なので、市販はされていませんが、軍学堂を通じて今のところ一応手に入れることは可能なようです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

桝方楢三郎個人アルバム

Photo_3


Photo_4

「桝方楢三郎個人アルバム」

1923年頃まで?

非売品

---------------------------------
桝方楢三郎技術少将の個人アルバムです。半分は第一神戸中学時代の写真で、残り半分が造船中尉から造船大尉の頃の写真になっています。桝方技術少将は大阪出身で、東京大をでたあと、最後は大阪海軍工作部長を務めています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

軍艦金剛愛友會 大正拾壹年

Photo


Photo_2

「軍艦金剛愛友會 大正拾壹年」

1922年

非売品

--------------------------------------------------
わずか6枚だけのアルバムで、1枚金剛の写真と、5枚集合写真だけのっています。愛友會は何か不明でしたが、載っている方を調べてみるとどうも愛知県出身者の会のようでした。載っている正規士官の方は一人で、兵32期の永野廉三少佐のみでした。載っているなかでは2人特選任用者がいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

昭和十二年一月入團 四等主計兵修業記念

Photo


1


2


「昭和十二年一月入團 四等主計兵修業記念」

横須賀海兵團

1937年

衣笠写真館

非売品
------------------------------------------
主計兵は水兵に比べて人数が少ないため、アルバムをみかける頻度は多くありません。だからといって、他の水兵のアルバムと構成はかわったりということはなく、まったく一緒です。百武横鎮長官、副島大佐(團長)、中野勝次中佐(副長)のあとに、主計長(豊城親史主計中佐)の写真があることが珍しいでしょうか。その後は訓練風景、分隊ごとの集合写真といった具合に普通です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

昭和十三年六月入団 四等水兵修業記念

Photo_2


1_3


2_2

「昭和十三年六月入団 四等水兵修業記念」

横須賀海兵團

1938年

赤誠堂

非売品
------------------------------------------
このアルバムについても特段かわったことはありません。幹部ー訓練風景ー分隊写真ー名簿といった構成です。当時の幹部は井上保雄少将(團長)、中野勝次大佐(副長)で、長谷川清横鎮長官の写真もあります。この年代だと、士官になっているのは搭乗員のみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

昭和七年六月入団 四等水兵修業記念

Photo


1_2


2


「昭和七年六月入団 四等水兵修業記念」

横須賀海兵團

1932

原田製版所

非売品
------------------------------------------------

昭和7年の志願兵のアルバムです。厚みはしっかりあるアルバムで、通常通りで、はじめに幹部、集合写真と氏名、名簿が掲載されています。通常の志願水兵のあとに、普電練たるべき者、普信、臨時電信講習員の集合写真もあります。團長は秋山虎六少将です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

四等航空兵修業記念 昭和15年1月入団 横須賀海兵團

S151

S1510


S151_2

「四等航空兵修業記念 昭和15年1月入団 横須賀海兵團」

横須賀海兵團

1940年

赤誠堂

非売品
---------------------------------------------------
支那事変が泥沼化しつつあったころに入団した航空兵の写真帖です。航空兵というと搭乗員を想像されるかもしれませんが、この頃の航空兵で入団される方というのは基本的に整備員になります。一部の方々が操練・偵練・丙飛を経由して搭乗員になっているというのはあります。造りは海兵団のアルバムと一緒で、最初に長谷川横鎮長官、副長・教育主任などの顔写真が並んでいます。最後の方に分隊ごとの集合写真があり、名前をつけられていますが、人員も多いため、顔写真は結構小さいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

昭和五年一月入団 修業記念

Photo_17

「昭和五年一月入団 修業記念 佐世保海兵団機関科練習分隊」

佐世保海兵団機関科練習分隊

1930年

非売品

----------------------------------------------

最後に名簿はないですが、各個人の写真と氏名が記載されています。当時の団長は相良大佐、副長は飯倉中佐でした。このあたりの入団者は士官になっています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

卒業記念

Photo_16

「卒業記念」

海軍機関学校

1910年

非売品

--------------------------------------------

海軍機関学校20期の卒業アルバムです。機関学校のものではかなり小さい方です。厚みもあまりないですが、やはり機関学校は1人1枚の写真が基本のようで、この写真帖もそうなっています。そのためほとんどその写真だけで、学校のものは2枚しかありません。

機関学校20期は卒業は58名で、首席は三戸由彦中将です。将官は他には柳原・鉾立・鈴木久武中将がいて、山田潔・土田・荒木拙三、木村仁、北野、宮田、竹岡、竹下英五郎、小野、大野少将がいます。戦死は将官になっている方が多いためか少なく、2人だけで、公死があと1人いるだけでした。


| コメント (0) | トラックバック (0)

昭和十二年六月入団 四等水兵修業記念

Photo_14

「昭和十二年六月入団 四等水兵修業記念」

1937年

横須賀海兵団

非売品

--------------------------------------------------

昭和10年代前半によくみられる形式のものです。百武源吾大将が横須賀鎮守府長官で、團長は副島大助です。一部の早い方は士官になれたりしていると思います。13年度はなってないので、数はわずかと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧