NF文庫

NF文庫 戦艦「大和」最後の艦長

Photo_4  「NF文庫 戦艦「大和」最後の艦長」

光人社NF文庫

生出寿著

------------------------------------------

危機の中にあっても常に泰然自若、しかも臨機応変、戦さ強者にして巧者の評価をほしいままにした“修羅場の指揮官”の素顔を浮き彫りにした話題作。沖縄海上特攻隊指揮官として砲煙弾雨の中、露天の戦艦「大和」防空指揮所で最後まで戦いつづけ、三千余の将兵とともに波間に消えた提督の生涯を描く海軍名将伝。

-------------------------------------------

となっています。もちろん最後の艦長有賀幸作中将についての著作です。有賀中将については複数の伝記がありますので、どれもいいかと思いますが、古本では1円ででているので、もちろん最安でしょうか?元々水雷畑の人ですが、大艦巨砲の大和の艦長になったのは巡り会わせでしょうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

NF文庫 軍艦物語

Photo 「NF文庫 軍艦物語」

佐藤和正著

光人社NF文庫

1996年

780円

--------------------------

海の戦いは、つねに一瞬に決まる―。乗員はみずからの生と死を“艦”にゆだね、砲煙の海原に一体となってその任務を全うする。そこには人の運命とおなじく、軍艦それぞれの“運命”があった。太平洋戦史のなかで、ひときわ個性ゆたかに海戦を彩った十二隻の日本艦船の生涯をえがいた感動のノンフィクション。

--------------------------------

という紹介がされています。12隻は、赤城・時雨・伊19・長門・伊4・隼鷹・早霜・秋月・伊401・羽黒・神風・大和です。

 回想録という感じのものではなく、それぞれの軍艦の戦記という形式のものです。全部で400P程度のものですので、1艦あたりはそれほど長いものではありません。個々に目的の船があれば、それ船だけの戦記を読んだ方がいいかもしれません。気軽に読める戦記という感じでしょうか。

アマゾンのをみると、表紙と定価は変更になったんでしょうか?

| コメント (0) | トラックバック (0)